Posted on: 2019年11月20日 Posted by: 事務局 Comments: 0

今野康裕サハジャパン経済協力推進機構事務局長とトロフィモフヤクーツク第一副市長、市役所職員との会合

20191119日、ヤクーツク訪問中の今野康裕(こんのやすひろ)事務局長は、トロフィモフ経済・財務担当ヤクーツク第一副市長をはじめとするヤクーツク市役所職員と会合し、日本企業とサハ共和国企業との経済交流について話し合いが行なわれた。その中で特にヤクーツク市内の国際級ホテル建設について意見交換をした。
 トロフィモフ第一副市長の他、サハ側からヴェロニカ ヴィソキフヤクーツク市長観光業顧問、スヴェトラナ ヴァシレンコヤクーツク市役所事業・消費市場・観光・交通発展局長、アンドレイ ヴラジミロフヤクーツク市役所対外関係・投資案件実施局長代理、セルゲイ チモシェンコ「土地関係事業団」代表代理、ジャンナ ヤキメンコヤクーツク市役所財産・土地関係局長、セミョーン セルゲエフ建築・都市開発政策長アレクサンドル コンドラーシンサハ共和国投資誘致・輸出支援事業団代表取締役、ピョートル アレクセエフAO「共和国立投資会社」代表取締役、エゴール ネウストロエフOOO「ストロイインドゥストリヤ」代表取締役その他関係者が参加した。

会合時、トロフィモフヤクーツク第一副市長は、ヤクーツク市内の国際級ホテル建設の必要性を強調し、ホテル構想とプロジェクト参加条件を説明し、日本側投資家のホテル建設プロジェクト参加を呼び掛けた、それに対し今野康裕事務局長は、日本側のプロジェクトの高い関心を主張し、当機構のこれからの日本投資家募集の協力を約束した。

Categories: